• 愛子

花曇り*自分を育てる

昨日までの青空から、今日は薄曇りで、午後からは少し寒く感じます。

桜咲く今頃の、このようなお天気の日を『花曇り(はなぐもり)』というそうです。

家から出ないようにする日々が続く今日この頃、本来暗くなりそうなお天気を、

花曇り、って表現だけで、素敵な時間にしてしまう。だから日本語って、好きです。


多摩川から近いせいか、ベランダへのドアをあけると、風の声や鳥の声、

今日はすーっと遠来、つばめが横切っていきました。

ベランダの緑たちも、このくらいのお天気のほうがのびのび元気に感じます。

風に揺れ、さやさや。私は緑に助けられるだけで、あまり手をかけていませんが、

緑たちは自分の力で、時が来ると嬉しい顔をのぞかせてくれる。


植物は恐竜が絶滅したであろう氷河期もその一部は生き残った。素晴らしい適応能力を駆使した知恵を遣って。食物連鎖の中で時代の勢力者の食として、そして今は花を咲かせ愛でられて。


急激な変化の時代、私たちが今できることは、栄養をしっかり取る。睡眠をしっかりとる。どんな環境でもぶれないように、じぶんのからだと心をたいせつにみつめ、自分を育てる。


いつのまにか、雲は去り、風とおる夕刻の広い空に、月を見ることができました。


コロナとの日々が出来るだけ早く収束していけますように。

全世界が健やかに幸せになりますように。


#高津区#二子新地#ピラティス#ピラティスプライベートセッション#花曇り#植物#月

#生命力#免疫力#健康#マシンピラティス#緑#人生100年時代#多摩川#自分を育てる









閲覧数:44回0件のコメント